展示タイムの順番に買ったらどうなるかを試してみた

前回、展示タイムの順位が1着率に及ぼす影響を検討した。

展示タイムが1着率に及ぼす影響はなかなか大きいようだ。

展示タイムを参考にして買えば、的中率は上がると予想される。

しかし、回収率の方はどうなのだろうか?

というわけで、今回は展示タイムを参考にして買ったらどうなるかをシミュレーションしてみた。

 

続きを読む

競艇の的中率、損益分岐点を計算してみた

一体、的中率が何パーセント以上ならば回収率がプラスになるのだろうか?

例えば、平均配当金が1000円とすると、10回に1回当てれば回収率がプラスマイナス0円(回収率100%)になる計算だ。

この場合、的中率の損益分岐点は10%。損益分岐点とは、利益が出るか、損失が出るかの境界線の事。

上記の例であれば、長い目で見て、10%を超える的中率をキープできれば勝てるし、10%を下回れば負ける。

つまり、的中率10%が損益分岐点となる。

それでは、実際のレースでは、どれくらいの的中率があれば、回収率がプラスになるのだろうか?

今回は的中率の損益分岐点を計算してみた。

 

続きを読む

回収率とはいったい何なのか?

今回は「回収率」という言葉について、ちょっと詳しく検討してみたいと思う。

そもそもどうやって計算するのか、何を表現したいのか、などを確認する。

計算式自体は単純だし、100%を越えれば勝ち、100%を下回れば負け、と言う風にわかりやすく買い方を比較できる指標ではあるけど、それだけでは表現できないこともあるのではないか?

と、ふと思ったので、今回は回収率について、考えてみた。

 

続きを読む

競艇で二連複の1点買いと二連単表裏2点買、どちらの回収率が高い?

あるレースで、1−2が来ると予想したとする。

でも、2−1の可能性も捨てきれない。

そんな場合、買い方としては、

  1. 二連単1−2と2−1の2点買い
  2. 1−2の二連複を買う

の2通りが考えられる。

二連単2点買いと、二連複の1点買い、的中率は全く同じだが、果たしてどちらの回収率が高いのだろうか?

単純に考えれば、どちらでも同じだが、果たして本当にそうなのだろうか。

今回はその疑問を解明してみたい。

 

続きを読む

出目買い結果一覧を掲載しました

過去3年間、同じ出目を買い続けた場合の回収率、的中率を場別に検索できるページを追加しました。

こちらからどうぞ。

ページ上部のリンクからも飛べます。

前回の分析から集計期間が変わったので、若干結果が違っているかもしれません。