展示タイムは重要 1着率に20%の影響


以前も展示タイムが着順に及ぼす影響を検証したことがある。

しかし、以前の解析では、「展示タイムは着順に影響しない」という結果が出た。

自分で出したデータで言うのもなんだが、正直、伸び足がレースの着順に影響しないという結果は受け入れがたい。先頭を走る艇がバックストレッチで抜かれる姿はよく目にする。

機力の差で勝負がつくことってあるよな、と思っていた。

今回はあきかぜさんにコメントいただいたのをきっかけに、展示タイムが着順に与える影響を再度検討してみた。

ちなみに、今回の結論は全く前回と逆だった。

 

 

前回の分析

おさらいしておくと、前回の分析の結果はこうだ。

1号艇は他の艇の引き波の影響を受けずに航走できるため、枠番別に展示タイムの平均が明らかに他の枠よりも速い。

枠番別の展示タイムの平均値は下図の通り。

枠番別展示タイム平均

 

1号艇は全コースの展示タイム平均値よりも0.3%ほど速くなっているので、実際に出た展示タイムを0.3%ほど遅くしてやれば、枠番(というか、引き波)の影響を排除して展示タイムを正当に評価できるのでは? と考えた。2号艇以下も同じように補正した。

その補正後の展示タイムで一番時計になった艇が1着を取る確率を調べてみたら、ランダムに近い16%、つまり6分の1程度だった。

ゆえに、影響がないのでは? という結論で終了している。

 

今回の分析

前回の分析では同じレースに出場する艇の展示タイムの順位別にレースの着順を集計していなかった。

今回は枠番別に、展示タイムが1位だったら何パーセントの確率で1着を取れるか、2位だったら何パーセントの確率で1着を取れるかを計算した。

もちろん、枠番別補正なしのデータだ。

 

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位54.2423.320.0317.8310.176.85
2位49.1218.6515.7514.337.675.23
3位4515.7713.7811.967.054.49
4位42.0714.3812.0210.915.853.93
5位39.7512.6710.649.174.993.18
6位35.4710.918.827.524.292.7

 

表の見方は1号艇が展示タイムが1位だった場合に1着を取れる確率は54.24%。同じく、1号艇が展示タイム6位だった時に1着を取れる確率は35.47%、という風に見る。

って、無茶苦茶影響してる!

同じレースを走る艇の中で、展示タイムが1位の場合と6位の場合で、1号艇は20%も1着率が違う。1号艇の1着率はトータル46%くらいだったので、3位を中心としてプラスマイナス10%程度は影響を受けていることになる。

2〜4号艇でも1位の場合と6位の場合で10%くらいの差が出ている。

5、6号艇はそもそもの1着率が低いので絶対値としては低いが、割合的には大きく異なっている。

展示タイム、意味あるじゃん!

 

2着率のデータ

では、1着ではなく2着率はどうなのだろうか?

同様に計算してみた。

 

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位17.6325.3522.5619.6414.9311.66
2位18.7924.7521.2619.1513.810.63
3位18.8623.720.7317.813.059.85
4位19.522.1218.3116.7512.19.21
5位19.3520.9817.7915.4810.848.08
6位18.8319.5415.6713.919.567.18

 

これはまた、1着率とは違う感じだ。

1着率ほど大きな影響が出ていない。特に1号艇が2着になる確率は、展示タイムの影響が見られない、と言っていいレベルではないだろうか。

他の枠では影響しているものの、1着率ほど大きな影響ではないようだ。

2〜5号艇まででは1位と6位では6%ほどの差になっている。この差が機力による道中の逆転劇が発生しているケースに当たるのだろうか?

1号艇が逃げて2着の競り合いで機力の差が出る、みたいな。

 

3着以下のデータ

3着率

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位9.3117.2918.7419.4419.1717.26
2位10.2318.3520.2719.9918.7717.54
3位11.1518.5219.2619.8918.0216.67
4位11.2418.2319.4519.0617.2415.48
5位11.7217.7118.8818.6616.5514.83
6位11.6617.217.9917.6615.1413.75

 

4着率

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位7.0913.1715.6815.8918.2919.35
2位8.2314.8616.617.5819.7919.37
3位9.7915.7417.7618.3319.520.08
4位9.6116.1518.7418.820.3619.62
5位10.2217.4919.0519.2420.3120.13
6位11.2617.4719.3419.4219.8719.31

 

5着率

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位5.710.7512.1513.8718.6420.86
2位6.7212.3914.0415.1919.9321.74
3位7.8213.8415.4116.3920.8422.53
4位8.5915.2516.8417.621.5323.5
5位9.215.6517.7719.1522.9824.52
6位10.917.4418.7820.5324.0324.83

 

6着率

 1号艇2号艇3号艇4号艇5号艇6号艇
1位5.539.9210.7112.2618.523.91
2位6.0911.2911.814.2720.1325.01
3位6.0911.2911.814.2720.1325.01
4位7.4712.7513.2115.5421.6326.75
5位8.4914.2814.711722.8828.04
6位10.5116.2718.0419.725.930.94

 

2着以下のデータを掲載してみたが、やはり1着率に対する影響が一番強いように見える。ほとんど影響がなかったり、多少の影響があったりしている。ただ、1着率に対するほど大きな影響はないようだ。

 

前回の分析の反省点

前回の分析で問題だったのは、補正式の計算方法だったのだろう。

補正の仕方が大雑把すぎたと考えられる。

展示タイムの差は絶対値的に小さいので、下手に補正をかけると誤差に負けて、誤差しかなくなってしまう可能性がある。多分、誤差しか残らなかった結果がアレなのだろう。

改めて考えてみると、着順ごとに展示タイムの平均値をとってもしょうがなかったのかもしれない。あるレースを走る6艇の中の順位の方が影響が大きいだろう。

 

結論

展示タイムは予想の参考になる、と今回の解析結果から言えるだろう。

展示タイム、つまり伸び足の部分が最も影響を与えるのは、1着率である、という結果には納得できる。2着以下のごちゃごちゃした部分だと、伸び足よりも出足とか回り足の方が影響を与えやすいだろう。

伸び足があれば、まくって終わりにできる可能性が高い。

まあ、別の切り口から見ると、また違う結果が出るのかもしれないけど。他にもきになることがあれば、どんどん突っ込んでください。よろしくお願いします。

 

再分析の機会をくれたあきかぜさん、ありがとうございました。

そもそもの前提条件が間違っていたため、いただいた質問の答えになってなくて申し訳ありません。またツッコミを入れていただければ嬉しいです。

 

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。