競艇のオール女子レースとオール男子レースを比較してみた


最近では競輪でもオール女子レースが開催されるようになったが、競艇ほどオール女子レースが一般的なわけではない。

競艇では過去3年間に行われたオール女子レースの数は16万レース中、およそ1万レースだった。つまり、全体の6%程度がオール女子レースということになる。

2016年6月現在、女子選手の数は213名いるとのこと。

オール女子レースは、オール男子レースと比べて、どんな傾向の違いがあるのだろうか?

今回はオール女子レースとオール男子レースの違いに関して、統計的に分析してみた。

 

 

集計方法

参加する選手がすべて女性のレースをオール女子レース、参加する選手がすべて男性のレースをオール男子レースとして集計を行った。

男性5名で女性1名のレースなど、男女混合レースも当然存在するが、今回は集計から除外した。サンプル数はオール女子レースが10736件、オール男子レースが124010件だった。

 

決まり手割合比較

まずは決まり手の割合から見てみよう。

 

danjobetukimaritewariai

 オール女子オール男子
逃げ39.9844.70
まくり23.3716.25
差し15.4315.31
まくり差11.2213.59
抜き9.049.36
恵まれ0.950.80

 

一番大きいのが、まくりの決まりやすさだ。オール男子ではまくりの割合が16%であるのに比べて、オール女子ではまくりの割合が23%。その差は7%だ。

逃げの割合はオール女子で40%弱、男子の45%と比べて5%程度、イン逃げが決まりにくくなっている。

まくり差しの割合は2%程度、オール女子の方が少ない。

オール女子レースでは逃げとまくり差しが減った分、まくりが決まっている格好だ。差しや抜き、恵まれに関しては、ほとんど男女で変わらない。

 

レースタイム関係の比較

次に、STや1着のレースタイム、展示タイムの平均値を比較してみよう。

 

 平均ST平均展示タイム平均レースタイム
オール女子0.1836.72111.89
オール男子0.1736.73111.59

※平均レースタイムの単位は秒

 

スタートが0.01ほど、オール女子レースの場合は遅くなっている。また、展示タイムは0.01ほど早くなっている。おそらく、体重差の分だろう。1着平均レースタイムは0.3秒ほど、オール女子の方が遅い。

スタートが遅い分、オール女子の方がまくりが決まりやすくなっているのかもしれない。

 

配当金

最後に、配当金の比較を見てみよう。

 

 三連単三連複二連単二連複
オール女子7449.621210.561843.31918
オール男子7689.811293.041930.01971.72
三連単人気三連複人気二連単人気二連複人気
オール女子18.674.365.763.41
オール男子19.724.665.983.55

 

人気の項目は、何番人気が来たかの平均だ。

全般的に、オール女子レースの方が、配当金が低くなっている。つまり、オール女子レースの方が、本命よりの決着が多いということだ。

オール女子の場合、イン逃げの割合が低く、まくりが決まりやすいので、穴よりになるかと思いきや、逆の傾向になっている。

万舟率は、女子が17.49%で、男子が18.87%だった。

やはり、オール女子レースの方が固い結果になった。

 

考察

オール女子レースを見ていると、選手間の技量の差が大きいように見える。

1600人中、200人しかいない女子選手(2016年6月現在)でオール女子開催を行うので、メンバーの層が薄くなる分もあるのかもしれない。

女子レースは枠番よりも選手の実力で買え、という意見をどこかで聞いた気がするが、確かにそうかもしれない。

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。