競艇の的中率、損益分岐点を計算してみた


一体、的中率が何パーセント以上ならば回収率がプラスになるのだろうか?

例えば、平均配当金が1000円とすると、10回に1回当てれば回収率がプラスマイナス0円(回収率100%)になる計算だ。

この場合、的中率の損益分岐点は10%。損益分岐点とは、利益が出るか、損失が出るかの境界線の事。

上記の例であれば、長い目で見て、10%を超える的中率をキープできれば勝てるし、10%を下回れば負ける。

つまり、的中率10%が損益分岐点となる。

それでは、実際のレースでは、どれくらいの的中率があれば、回収率がプラスになるのだろうか?

今回は的中率の損益分岐点を計算してみた。

 

 

前提条件

二連単1点買いで計算する。

各出目によって平均配当金が違うので、出目別で集計した。1−2と6−5では平均配当金が明らかに違うので、損益分岐点となる的中率も全く異なる。

例えば、1−2の配当金の平均は538.05円なので、18.59%の確率で当てれば、回収率が100%となるが、一方、6−5の平均配当金は7963.8円なので、1.26%の確率で当てれば、回収率が100%だ。

そんな感じで、二連単の全出目の損益分岐点を計算した。

 

結果

結果は下表のとおりとなった。

損益分岐的中率と言うのが損益分岐点となる的中率。

出現率と言うのは、全レース買い続けた場合の的中率。1−2などのある出目で決着する確率と言い換えても良いかもしれない。

差分と言うのは、損益分岐的中率と出現率の差分。このギャップを埋めれば勝ちに回れる。

 

 

出目配当金平均損益分岐的中率出現率差分
1-2538.0518.5915.373.22
1-3659.2915.1711.923.25
1-4763.8513.099.483.62
1-51278.167.825.712.11
1-617555.74.071.62
2-11175.548.516.791.72
2-31898.395.273.571.69
2-42236.034.472.871.61
2-53064.743.261.921.34
2-63770.532.651.471.18
3-11472.266.794.692.1
3-22687.153.722.970.75
3-42370.94.222.771.45
3-53075.893.251.871.38
3-638352.611.421.18
4-11698.25.893.82.09
4-22782.973.592.391.2
4-33060.713.272.111.16
4-52934.743.412.251.15
4-63771.262.651.531.13
5-13228.893.12.081.02
5-24566.812.191.270.92
5-35225.111.911.10.81
5-45294.831.891.280.61
5-65883.551.70.910.79
6-14126.412.421.31.12
6-25746.131.740.960.78
6-36347.61.580.760.81
6-463451.580.780.79
6-57963.81.260.570.68

 

ちなみに、出目ごとに回収率は同じではない。本命傾向の出目は回収率が高く、穴傾向の出目は回収率が低い。出目別の回収率を知りたい方は「出目買い結果一覧」をどうぞ。

 

的中率を上げよう

どの出目を見ても、差分は最大でも3%程度。

出現率は全レースで買い続けた場合の的中率なので、買わないレースがあれば、当然、的中率を上げることができる。

例えば、1−2が来ないと思ったレースを買わなければ、的中率は当然上がる。いわゆる、1−2を消すと言うやつだ。すべてのレースを買い続けた場合の的中率が15.37%なので、買わないレースを正しく選ぶことができれば、的中率を上げることができるだろう。

 

では、100レース中、3レースだけ消せば、的中率が3%上がるのだろうか?

もちろん、そんなことはない。

100レース中、10レース出現すると言う出目があったとしよう。つまり、的中率は10%。

100レース中、3レースを消してみる。すると、買うのは97レースだ。

10回的中 ÷ 97レース × 100 = 10.3%

100レース中、3レース消したところで、的中率は0.3%しか上がらない。

的中率を3%あげるのに、消す必要があるレース数は、16.66レースだ。

一度も的中を逃さずに、100レース中、17レースを消すことができれば、回収率が100%を超える。

 

何レース消せば良いか?

では、回収率の損益分岐点を上回るため、どれくらいのレースを消さなければならないのだろうか?

計算してみた。

目標は回収率100%を超えるまでにアップさせるべき的中率で、削除率というのは、何パーセントのレースを消せれば目標の的中率に到達するか、だ。

 

出目目標削除率
1-23.2217.3
1-33.2521.42
1-43.6227.62
1-52.1126.96
1-61.6228.49
2-11.7220.21
2-31.6932.14
2-41.6135.92
2-51.3441.14
2-61.1844.5
3-12.130.98
3-20.7520.08
3-41.4534.36
3-51.3842.57
3-61.1845.41
4-12.0935.43
4-21.233.41
4-31.1635.36
4-51.1533.87
4-61.1342.45
5-11.0232.9
5-20.9242.04
5-30.8142.38
5-40.6132.16
5-60.7946.52
6-11.1246.32
6-20.7845.02
6-30.8151.61
6-40.7950.33
6-50.6854.26

 

1−2の削除率は17.3%。

100レース中、18レース消せれば回収率が100%を超える。逆に言うと、100レース中、82レースは買っても良いから、一度も取りこぼしてはならない。

6−5の場合は100レース中、55レースを消せれば、回収率が100%を超える。

 

考察

今回の分析は、100%取りこぼさないという前提がある。

自信を持って消せるレースというのは、他の人も同じように考えているだろう。それを取りこぼすということは、おそらく配当金が平均よりもずっと高くなっているはずだ。

つまり、取りこぼしのリスクはかなり高いだろう。

 

100レース中18レース、100%1−2が来ない条件を見つけることができるか?

難しいような、できそうなような・・

まあ、簡単でないのは間違いないだろう。

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。