競艇 弱いインの2−1、3−2は狙い目


前回、弱い選手がインに入ったレースで1頭の舟券を買い続けると、強い選手がインに入ったレースで1頭の舟券を買い続けた場合に比べて、回収率が低くなる、ということが分かった。

弱い選手がインに入ったレースで1頭の舟券を買い続ければ、的中率が低くなるのは当然だ。

しかし、当たりにくいのならば、配当が比例して高くなるので、回収率が変わることはないはずではないか?

それが成立しないということは、舟券を買うファンの見積もりと、実際の確率がズレているということだ。

というわけで、今回は弱いインの出目買いに関して分析してみたい。

 

 

分析方法

勝率が5点未満の選手を弱い選手、勝率が6点以上の選手を強い選手と分類する。

5点台の選手は数が多く、強いとも弱いとも言いづらいので、傾向がぼやけないように今回の分析から除外した。

弱い選手がインに入ったレースの件数は48890件、強い選手がインに入ったレースが65579件。

 

 

出目買い回収率

前回は三連単で分析したが、今回は二連単で比較してみよう。

弱いインのレースと、強いインのレースに分けて、それぞれ二連単で3年間同じ出目を買い続けた場合の回収率を計算した。

 

 5点未満6点以上
1-274.83584.211
1-375.679.811
1-466.68974.745
1-567.75477.249
1-662.49678.219
2-189.9670.091
2-377.72559.305
2-472.60559.012
2-564.37154.064
2-667.42644.793
3-170.35766.595
3-291.62474.619
3-469.30264.698
3-565.44652.819
3-662.79154.705
4-166.10363.441
4-270.58863.204
4-370.55960.541
4-570.74365.093
4-661.50454.989
5-164.8364.594
5-263.98656.07
5-361.32954.941
5-463.32872.736
5-655.7551.079
6-156.17951.192
6-257.26650.738
6-357.60741.292
6-455.96144.478
6-545.6448.119

 

やはり、弱いインのレースでは、1頭のレースは強いインのレースに比べて回収率が低くなっている。代わりに、センターの回収率が高くなっている。

大体は三連単と同じような傾向と言えそうだ。

 

今回のデータで特に目を引くのが、弱いインの2−1、3−2だ。

特に、3−2は回収率が90%を超えている。控除率が75%なので、相当高いと言えるだろう。

 

出目買い的中率

 

次に、的中率を見てみよう。

二連単で同じ目を3年間買い続けた場合の的中率を表にまとめた。

 

 5点未満6点以上
1-28.02421.167
1-36.66816.106
1-44.98912.968
1-53.1897.655
1-62.5125.207
2-17.7155.625
2-36.5331.712
2-45.0481.482
2-53.2910.993
2-62.6880.676
3-14.5164.254
3-25.1161.639
3-44.2711.699
3-52.7861.154
3-62.3110.836
4-13.5473.612
4-23.7001.450
4-33.2401.289
4-53.0781.595
4-62.1761.008
5-11.8451.998
5-21.9740.764
5-31.6040.697
5-41.7180.947
5-61.3030.615
6-11.3851.081
6-21.5380.511
6-31.2540.407
6-41.1740.461
6-50.8080.393

 

5点未満の選手がインに入ると、1−2の的中率が8.02%。対して、6点以上の選手がインに入ると、21.16%。

2.5倍くらい違う。まあ、そんなものなのかな?

 

しかし、この結果でちょっとびっくりしたのが、弱いインだと1−2と2−1の的中率にほとんど差がないことだ。0.3%程度しか差がない。

対して、強いインのレースだと、1−2が21.1%、2−1が5.6%と、4倍の差が有る。

 

あと、強いインのレースだと、2〜6号艇が1着になった場合でも、1号艇が2着に残る確率が一番高い。4号艇が頭でも、2着は1号艇の確率が一番高いし、6号艇が頭でも、1号艇が2着の確率が一番高い。

しかし、弱い1号艇の場合、3号艇が頭に来た時は2号艇が2着になる確率の方が高いようだ。

 

考察

弱い選手がインに入った場合、1−2と2−1の的中率にほとんど差がない。

おそらく、この事実を多くの人が知らないのだろう。というか、自分も今回、初めて知った。

また、3−1の確率よりも3−2の確率の方が高いのも初めて知った。

多くの人は勝率5点未満の選手が1号艇の場合、1−2と2−1、どっちが出やすい? と聞かれれば、1−2だと答えるだだろう。

人々の見積もった確率と、実際の確率がずれているので、回収率が異なっているのだ。

2−1、3−2の出目回収率が高いのは、偶然ではない。

 

というわけで、勝率5点未満の選手がインに入った場合、2−1と3−2を買ってみてはどうだろうか?

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。