競艇で三連単に100万円ブチ込むと、いくらオッズが下がるか?


競艇は競馬に比べて売上額が圧倒的に小さいと言われている。

2014年度、競艇の1日の売上額平均は2億2千万円。対して同年の中央競馬は86億円と、桁が違う。ちなみに、地方競馬とはそこそこいい勝負だ。

売上額が低い競技の場合、下手に大きく券を買うと、オッズが変動してしまう可能性がある。試しに百万円を複勝にブチ込んでみよう。まず間違いなく元返しになるだろう。中央競馬なら、おそらくは元返しにはならない。

では、SG優勝戦の三連単に100万円ならどうなるだろう?

具体的に、どれくらいオッズが下がってしまうのか?

今回は購入額とオッズの変動に関して分析してみた。

 

オッズの計算式

 

オッズは一体、どうやって計算するのだろうか?

ご存知の方も多いとは思うが、一応確認しておこう。

複勝とか拡連複とか、当たりが複数出るものについては多少ややこしくなるが、三連単、三連複などの当たりが1つの賭け式は単純だ。

(外れ票数+当たり票数)×0.75÷当たり票数

該当レースで売れた全舟券購入金額に25%のテラ銭を引き、残りを当たった票数で分け合う形だ。

100票売れた中で、当たり券の得票数が20票だとすると、払い戻すべき75票を20票で割るので、オッズは3.75倍になる。

※競艇の場合は1票100円

 

では、上記例で500円(5票)買った場合はどうなるだろう?

105票の売上票数から25%を引いて78.75票が払い戻しの対象。それを25票で分け合うので、3.15倍になる。

買う前より0.6倍下がったが、元返しまでにはまだまだ余裕がある。

 

では試しに、上記の例に100万円ブチ込んでみよう。

100万円なので、1万票だ。

売れた票数は10100票。25%を引いて7575票が払い戻しの対象。で、当たりの対象となるのが10020票なので、オッズは0.755倍になる。

オッズが1倍を切った場合は、1倍の元返し。

余裕で元返しになった。

外れる可能性はあるのに、当たっても元返し。どう考えても損な賭けになってしまった。

 

売上規模

オッズの変動には売上の規模が大きく影響することが、ご理解いただけただろうか?

冒頭にもちょっと書いたが、競艇の1日の売上平均は2億2千万。1日に12レース行われるので、12で割って1レースにつき1千800万くらいが平均だ。

ちなみに、場によって結構違う。

それと、賭け式のシェアの問題もある。

おなじみ、宮島競艇フリークスさんの情報だと、2013年度のシェアは下表の通りだそうだ。

 

二連単二連複三連単三連複
7.1%1.0%88.9%2.5%
拡連複単勝複勝 
0.31%0.046%0.038%

 

9割がた三連単で占められている。複勝や拡連複のシェアは微々たるものだ。

場別に2・3連単、3連複の1レースの売上平均額を集計した。売上データは全国モーターボート施行者協議会の平成26年度のデータを使用した。場別の賭け式シェアが見当たらなかったため、宮島競艇フリークスさんの割合を一様に適応した。

 

三連単売上額三連複売上額二連単売上額
桐生2633423221008218876708
戸田2033030716218566852913
江戸川109038058698543675440
平和島2147691617133277239410
多摩川1280288010213534315578
浜名湖1423354811354854797825
蒲郡2794200222290819418653
常滑1253749710001824226123
85748616840622890403
三国100418928010953384908
びわこ1279735510209134313715
住之江2945601923498629928995
尼崎1825513914563096153418
鳴門000
丸亀2858904722806999636758
児島114626599144373863818
宮島1362282210867644591963
徳山104073348302483508090
下関105120208385993543378
若松2926239223344169863728
芦屋1288171210276424342150
福岡1515249512087955107583
唐津123076999818504148663
大村1520780112132075126225

 

 

※鳴門競艇場は改装工事のために開催なし

 

3連単で1千万〜3千万くらい。3連複で70万〜230万くらい。2連単は290万〜1千万くらいの範囲でバラついている、と予想される。

(津競艇場は売上が低いけど、大丈夫だろうか?)

 

一般戦に100万ブチ込み

 

では、3連単の売上が2500万円という前提でシミュレーションしてみよう。

すでに売れている票数が25万票とする。

 

・本命狙いの場合

オッズ 1.99倍(すでに投票されている票数 9.4万票)

そこに100万円分、買うとする。

新しい総票数は26万票、当たり票数が10.4万票になる。

26万×0.75で、払い戻し票数は19.5万票。それを10.4万票で割るので、オッズは1.87倍に下がる。

その差、約0.12倍。

払い戻し金額にすると、12万円分下がったことになる。

 

・穴狙いの場合

オッズ 100倍(すでに投票されている票数 1875票)

そこに100万買うとする。

新しい総票数は26万票、当たり票数が11875票になる。

26万×0.75で、払い戻し票数は19.5万票。それを11875票で割るので、オッズは16.42倍まで下がる。

 

SG優勝戦に100万ブチ込み

じゃあ、SG優勝戦だと、どうだろう?

25億円が売上だとすると、100万なんて微々たるものだ。グランプリ決定戦の売上はそれくらいらしい。

では、同様に計算してみよう。

総票数は250万票。

 

・本命狙いの場合

オッズ 2倍(すでに投票されている票数 93.7万票)

そこに100万円分、買うとする。

新しい総票数は251万票、当たり票数が188.25万票になる。

2501万×0.75で、払い戻し票数は1875.75万票。それを94.7万票で割るので、オッズは1.98倍に下がる。

その差、約0.02倍。

 

・穴狙いの場合

オッズ 100倍(すでに投票されている票数 18.75万票)

そこに100万買うとする。

新しい総票数は2501万票、当たり票数が19.75万票になる。

2501万×0.75で、払い戻し票数は1875.75万票。それを19.75万票で割るので、オッズは94.97倍に下がる。

その差、約5倍。

 

考察

 

個人的には、競艇の1レースに100万円も賭けることは、今後ともないと思う。しかも、3連単1点買いは絶対にありえないだろう。

しかし、100万円を打ち込むと、どれくらいオッズが変動するのかは、一度計算してみたかった。

本命狙いなら、割と100万円買っても大きくは変動しないな、というのが感想だ(穴に100万突っ込む人はそうそういないだろうけど)。

2連単でも、10万円くらいならいけそうだ。

 


競艇で三連単に100万円ブチ込むと、いくらオッズが下がるか?” への6件のコメント

  1. 時間が経ってますが初めて拝見しました。
    万舟とった時とか1万円買える人間になれたらな・・などと夢を見てしまいますので、オッズの変動は私も気になっていたので面白く見れました!

    • コメントありがとうございます!

      参考になったなら幸いです。
      私もいつか、窓口でしか払い戻してもらえないような、帯付きの配当金を受け取ってみたいです(笑)

      コメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。