競艇界で一番アウトコースが上手いのは誰だ?


ここ3年間でアウト5・6コース1着率が最も高かった選手は誰なのか?

コース別に1着率トップ20を出してきたシリーズも今回で最終回。

5、6コースといえば圧倒的に不利なコースだ。頻繁に勝負に絡んでくるわけではないが、無視しているとたまに痛い目を見る。かといって、狙ってみてもあまり当たらない。

インばかりに偏るこの時代、果たしてアウトコースのスペシャリストは存在するのか?

というわけで、ランキングを見てみよう。

なお、例によって、統計の対象としたのは過去3年間で一般戦とG3に当該コースを50走以上した選手のみとした。

 

 

5コース1着率トップ20

 

まずは結果を見てみよう。

 

登録番号選手名進入回数1着回数1着率
4019笠原亮832631.325
3961谷村一哉702028.571
4188久田敏之742128.378
4061萩原秀人671928.358
4108吉村正明902426.667
4297山田哲也691826.087
3903白石健681725.000
3952中澤和志641625.000
3909佐々木康幸751824.000
3966作間章982222.449
4460後藤翔之902022.222
3876中辻崇人1082321.296
4074柳沢一711521.127
3849中岡正彦571221.053
4292麻生慎介1052220.952
4311岡村仁671420.896
4528黒井達矢721520.833
4524深谷知博721520.833
4500山田康二631320.635
4657江崎一雄1022120.588

 

5コース1着率のトップは笠原亮選手となった。

センターでトップだった峰竜太選手は5コース34走で対象外だが、1着率は35.29%。集計条件を30走以上に緩めればトップだった。

というか、全選手の5コース1着率を計算したら、6.70%だった。

ランクインした選手は次元が違う。

 

6コース1着率トップ20

 

最後に大外6コース。

他コースの集計では絶対入ってこないあの選手達は果たしてランクインしているのだろうか?

結果を見てみよう。

 

登録番号選手名進入回数1着回数1着率
4019笠原亮691318.841
4547中田竜太721318.056
3852澤大介69910414.878
4352下條雄太郎50714.000
3857阿波勝哉6178613.938
3349吉田一郎52713.462
4095福来剛821113.415
3412鈴木博761013.158
4544松田大志郎62812.903
4579中嶋健一郎1051312.381
4450平高奈菜66812.121
4208三浦永理50612.000
3876中辻崇人59711.864
4573佐藤翼59711.864
4262馬場貴也59711.864
4297山田哲也51611.765
3679飯島昌弘61711.475
4685島村隆幸1311511.450
4311岡村仁54611.111
3079新地雅洋82910.976

 

トップは再び笠原亮選手で、二冠達成。

ちなみに、全選手の6コース1着率は2.49%。本当に別次元だ。

 

 

そして、澤大介選手と阿波勝哉選手が3位と5位にランクインした。

この二人は5コースそれぞれ10走と12走で5コースでは集計の対象外。1コースから4コースまではともに0走と、集計の対象外と言うより、集計不能だった。

もう一人の6コーススペシャリスト、小川晃司選手は1着率8.02%で、惜しくも圏外となった。出走回数は735回でトップだけど。

 

考察

今回の分析結果では、アウトコース最強は笠原選手となった。

しかし、SGタイトルを獲得したことのあるレベルの選手は、そもそもアウトコースに入らない傾向にあるようだ。番組で組まれているというのもあるだろうし、コース取りで内に入る傾向にもある。

笠原選手もSGタイトル保持者でありながらアウトコースを嫌わないのは、得意だからなのだろうか?

それとも、他のSGタイトル保持者も、やろうと思えばそこそこやれるのだろうか。

なんとかはっきりさせてみたい気がする。

 

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。