競艇のセンター最強選手は誰だ?


過去3年間に行われた全レースで、2コース〜4コースまで、それぞれ1着率が高かった選手トップ20を統計的に集計した。

集計の対象は一般戦・G3レース。集計対象のコースを3年間に50走以上した選手。

2コース3コースは以前も集計したことがあるが、SGやG1ばかり走っている選手の不利にならない方法を検討したので、再度集計した。

なお、2コースをセンターに含めるかどうかはちょっと微妙だけど(どちらかといえば、含めない気がする)、大目に見ていただきたい。

2コース1着率トップ20

 

集計結果は下表のとおり。

登録番号選手名進入回数1着回数1着率
4320峰竜太543462.963
4205山口剛512752.941
3903白石健1065249.057
4418茅原悠紀673247.761
4101三井所尊春823947.561
3779原田幸哉793746.835
4013中島孝平542546.296
4061萩原秀人1044846.154
3959坪井康晴532445.283
4337平本真之562544.643
3556田中信一郎652944.615
3573前本泰和1456444.138
4050田口節子683044.118
4350篠崎元志683044.118
3978齊藤仁753344.000
3854吉川元浩662943.939
4072森永淳803543.750
3946赤岩善生994343.434
3780魚谷智之512243.137
4296岡崎恭裕562442.857

トップは峰竜太選手だった。SGや記念ばかり走っている峰選手だが、一般戦での1着率は60%オーバー。

2位は山口剛選手で50%オーバー。

この二人が群を抜いている。

前回トップだった白石選手は3位となった。

ちなみに、出走回数を30回まで緩和すると、毒島誠選手52%、今村豊選手51%がランクインした。

 

3コース1着率トップ20

 

次は3コースのランキングを見てみよう。

 

登録番号選手名進入回数1着回数1着率
4320峰竜太552850.909
3903白石健1135750.442
4050田口節子612947.541
3556田中信一郎622845.161
4364池永太924144.565
4297山田哲也733243.836
3854吉川元浩602643.333
4444桐生順平602643.333
3256三角哲男1064542.453
4019笠原亮1034341.748
3959坪井康晴612540.984
4418茅原悠紀692840.580
3257田頭実1265140.476
4266長田頼宗893640.449
3779原田幸哉883539.773
3618海野ゆかり1224839.344
4166吉田拡郎512039.216
4072森永淳742939.189
4524深谷知博1013938.614
3984坂口周1104238.182

 

峰選手の2冠だ。白石選手も2位をキープ。

2コースでは2位だった山口剛選手は34%で圏外となった。

出走回数を30回まで緩和すると、トップは池田浩二選手の51%とった。

田口節子選手が3位だが、女子選手は女子リーグを走る機会が多い影響もある?

 

4コース1着率トップ20

 

最後に4コース。

 

登録番号選手名進入回数1着回数1着率
4297山田哲也974445.361
4320峰竜太512345.098
3556田中信一郎532343.396
4028田村隆信512243.137
3899吉田弘文843642.857
3959坪井康晴632742.857
3256三角哲男1124741.964
3388今垣光太郎913740.659
4444桐生順平692840.580
4387平山智加722940.278
4418茅原悠紀632539.683
3499市川哲也913437.363
4350篠崎元志662436.364
3721守田俊介1093935.780
4236松村敏1234435.772
3903白石健1013635.644
3257田頭実792835.443
4019笠原亮883135.227
3716石渡鉄兵662334.848
4504前田将太812834.568

 

4コースのトップは山田哲也選手だった。

2位は残念ながら3冠を惜しくも逃した峰竜太選手。それでも、1位の山田選手とはコンマ3%差だ。実質、3冠と言ってもいいかもしれない。

30走で集計してみると、1位には瓜生正義選手57%がランクインした。

 

考察

今回の統計によると、センター最強は峰竜太選手となった。

集計方法を変えたためか、やはり結果も変わっている。記念クラスのレーサーが結構ランクインしてきた。

しかし、女子リーグは考慮していないし、ほとんど記念しか走らないレーサーの名前は出てこないので、本当に実力を表現できている、とも言えないだろう。

現在は1着率で集計しているが、平均着の方が良い可能性もある。

というか、本当の実力を定量的に表現できたら、競艇で絶対負けないだろうけど。

 

しかし、選手の得意なコースと不得意なコースを類型化したら面白い結果が出るかもしれない。

イン寄りが得意なタイプ、アウト寄りが得意なタイプ、万能タイプくらいは出てきそうな気がする。

 

集計対象期間:2013年2月1日〜2016年2月29日

レース件数:160534レース ※不成立含む

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。