競艇界で一番3コースが上手い選手は誰だ?


以前、1コースが最も上手い選手2コースが最も上手い選手に関して分析したことがある。

と、来れば次は3コースの順番だ。

3コースはあまり特徴のないコースだ。

5、6コースのように圧倒的に不利なわけでもなく、4コースのように角位置という特徴があるわけでもない。(たまに3カドも見かけるけど)

かといって、無視できるほど不利なわけでもない。

そんな、地味な印象のある3コースだが、3コースが最も得意な選手は誰か、過去3年間で100回以上3コースに入った選手のみを対象として統計を取ってみた。

 

 

結果

 

結果は下表の通りになった。

登録番号選手名1着回数進入回数1着率
3903白石健6414045.714
4364池永太4611540.000
4297山田哲也4111236.607
4019笠原亮4512835.156
4418茅原悠紀4312434.677
3618海野ゆかり4613334.586
4236松村敏4111934.454
3256三角哲男4814034.286
3783瓜生正義4012033.333
3749今坂勝広4613833.333
3257田頭実4714532.414
4150山田雄太3811832.203
3932池田浩美3611331.858
4528黒井達矢4414131.206
3941池田浩二3310631.132
4290稲田浩二3310730.841
3721守田俊介4715330.719
4096石橋道友4214129.787
3854吉川元浩4013529.630
3779原田幸哉3913229.545

 

なんと、白石選手が2コースと3コースを両方制覇する結果となった。

3コースで100走以上して45%以上の1着率はすごい。2コースでも44%以上の1着率を誇っている。

 

その他にも、2コースのベスト20入りした選手が結構重複している。

茅原選手や、池田選手、田頭選手、黒井選手、原田選手などがどちらもランクインしている。

1コースと2・3コースで重複しているのは茅原選手くらいのものだったので、重複が多いようだ。

イン逃げ能力と、センターから1着を取る能力は別物なのかもしれない。そのあたりを掘り下げれば、有効なファクターになる・・可能性も?

 

3コース1着率分布

恒例の1着率分布を確認してみよう。

 

3コース1着率分布

3コースを100走以上した全選手(920名)の1着率平均は15.23%だった。

25%オーバーでかなり高いと言えそうだ。

 

 

 

集計期間:2013年1月1日〜2015年12月31日

レース件数:156906レース ※不成立含む

 


競艇界で一番3コースが上手い選手は誰だ?” への2件のコメント

  1. いつも楽しみに見ています。この統計の件ですが、レースのレベルが考慮されていないのではないでしょうか?白石選手は一般戦の出走が多い選手なので、レースのレベルごとに統計を取ればもう少し違った結果になるかと思います。ただ、レースのレベルを単純にグレードで決めるのか、別の抽出方法にするかで変わるとは思いますが。これからも頑張って下さい。

    • コメントありがとうございます。いつも見ていただいてるようで、非常に励みになります。
      ご指摘の件なのですが、おっしゃる通り、今回の集計ではグレード、対戦相手を一切考慮していません。(ちょっとタイトルはフカしすぎたかな?)
      グレード別にランキングを出してみたら、違う結果になる可能性は高いです。
      もっと分析してみれば、一般戦とSG、どれくらいレベルの差が有るのか、はっきりするのかもしれませんね。
      次回はそのあたりを掘り下げて、分析してみたいと思います。

      ちなみに、軽く集計してみたところ、白石選手はSG26走、一般戦545走で、平均着がSGで3.88位、一般戦で2.04位でした。
      わーお。
      SGのサンプル数がちょっと少ないけど、思った以上の差でした。
      これはもっと掘り下げる必要がありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。