2015年の競艇界を振り返る


2015年は競艇界にとってどんな年だったか?

体重の最低制限が1Kg増え、徐々に出力低減モーターに切り替わった年だ。

2015年はその過渡期だ。

モーター変更、体重制限変更の影響に関してはいずれ、詳しく分析する必要があるだろう。

というわけで、今回は最近、レースがどんな方向に向かっているか、ここ3年間の傾向を統計的に分析してみたいと思う。

決まり手の変化

まずは、決まり手の割合を見てみよう。

 

 2013年2014年2015年
逃げ42.64643.76745.768
まくり18.06117.41215.608
差し15.38015.23215.564
まくり差13.68113.33513.154
抜き9.5319.4419.126
恵まれ0.7020.8130.780

 

逃げの割合が増えつつある。3年前に比べ、3%ほど逃げの割合が上がった。その代わりにまくりの割合が3%ほど減っている。

まくり差しや差しの割合はそれほど変わっていない

まくりが決まりにくくなったのは、出力低減モーターによる影響だろうか?

伸びに大きな差がなくなれば、まくりは決まりにくくなるので、可能性として考えられる。

 

レースの番組傾向

次に1コースに組まれた選手の全国勝率を年別に平均値をとって見た。

年別1コース全国勝率平均

1コース全国勝率平均
20135.581
20145.606
20155.640

 

年々、1コースに強い選手を入れる傾向が強まっている。

やはり、各場で買いやすい番組を目指しているようだ。

逃げの割合が高くなっているのは、番組構成の影響もあるようだ。

ただ、まくりの割合のみ大きな影響を受けているので、単純にそれだけで割り切れないかもしれない。

 

配当金

イン逃げが増えれば、配当金も安くなっていると考えられる。

各賭け式ごとに、配当金の平均値をとってみた。

 

年別三連単配当金平均

三連単三連複二連単二連複
20137743.0871292.0171927.043973.633
20147559.3371274.5511910.952957.708
20157410.3251260.6431880.638946.717

 

やはり安くなっている。どの賭け式も、順調に下がっているようだ。

本命サイドの決着で終わるレースが増えている。

では、万舟出現率はどうだろうか?

 

万舟率
201319.122
201418.645
201517.852

 

同様に減っている。

レース場に行くと、「安すぎて買えないよな」という話声をよく聴いていたが、間違いなくその傾向は加速しているようだ。

 

考察

ここ3年間のデータを分析してみたが、年々、ギャンブル性が低くなる傾向にあるようだ。

とりあえず、インを買っておけば当たる・・みたいな。

個人的には、まくりが決まりにくくなっているのが残念。

ああ、目の覚めるような大外まくりをもっと見たい。

 

集計期間:2013年1月1日〜2015年12月31日

レース件数:156906レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。