競艇の優勝戦は穴を狙ってもいいかも知れない


グランプリ(賞金王決定戦)が終わると、ああ、年末だな、という気になる今日この頃。

というわけで、今回は優勝戦に関して、統計的に分析してみたいと思う。

優勝戦といえば、その節で一番調子の良かった選手だけが集まるレース。

一般戦とは予想の仕方も変えるべきなのだろうか?

決まり手比較

まずは、決まり手割合の比較から見てみよう。

優勝戦決まり手割合比較

 優勝戦非優勝戦
逃げ63.05143.369
差し9.74415.486
まくり8.95117.386
まくり差し8.95113.564
抜き7.3639.414
恵まれ1.9400.781

逃げが多い。

予想はしていたけど、圧倒的に逃げが多い結果になった。60%以上が逃げて終了だ。

反対に差しやまくりの割合が大きく減っている。

恵まれだけ若干高くなっているのは、スタートを踏み込むケースが多いからだろう。

これは配当金が安そうだ。

 

配当金比較

それでは、配当金のデータを見てみよう。

 

 優勝戦非優勝戦
三連単配当平均8470.3967597.72
三連単的中人気平均19.65619.672
二連単配当平均1954.7081914.203
二連単的中人気平均5.5315.991
万舟率19.84118.678

と思ったら、意外なことに、三連単の平均配当金だけが高くなっている。

人気順や万舟出現率はそれほど変わってはいない。

これは、どういう事だろう。

優勝戦では万舟の出現率が若干上がっているものの、せいぜい1%程度だ。

 

配当金比較詳細

これは、もう少し細かく配当金の分布を調べて見る必要がありそうだ。

優勝戦は優勝戦以外に比べて圧倒的にデータが少ないため(3年間で2268レースのみ)、ざっくりとした区切りで配当金を集計した。

各区切りの割合を比較すると、下表のようになった。

 

優勝戦配当金割合比較

配当金優勝戦非優勝戦
500〜100014.75712.325
1000〜300037.89636.836
3000〜500013.64215.777
5000〜1000013.64216.028
10000〜3000012.88514.053
30000〜7.1784.980

 

優勝戦の配当金は3000円未満の割合が多く、3000円以上〜30000円未満の割合が低い。そして、30000円以上の配当が高い。

これは、非優勝戦に比べて、本命・穴の割合が極端になっていると考えられるだろう。

つまり、ファンの予想が本命寄りになっている証だ。

以前、穴は狙わない方が良い旨の記事を書いたが、優勝戦だけは別かも知れない。

 

穴狙いの回収率

試しに、優勝戦だけ60番人気〜120番人気の舟券を1レースにつき60点買うシミュレーションをしてみた。

回収率が71.959%、的中率は8.774%になった。

非優勝戦でも同じシミュレーションをしてみた。

回収率が55.559%、的中率は7.748%だった。

やはり、優勝戦では穴狙いの回収率が高くなっている。

 

考察

優勝戦では、優勝戦以外に比べて、ファンの予想が本命狙いに偏っているようだ。

優勝戦でがっつり勝負をかける人は多いと思う。

自分の経験でも、優勝戦はその節の総括として、今までのデータから真剣に予想していることが多い気がする。

優勝戦の予想は、真の予想の実力を試されているような、そんな無意識の思いが、どこかにあるのかもしれない。優勝戦を当てることができるやつこそが本物、みたいな。

少なくとも、優勝戦で適当な穴狙いをする人は少ないのではないだろうか?

優勝戦の穴狙い、アリかも知れない。

 

 

集計期間:2012年10月1日〜2015年10月30日

レース件数:161695レース ※不成立含む

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。