競艇で1kgの体重差がレース結果に及ぼす影響は?


以前、選手の体重と展示タイムに関して分析したが、割と興味を持ってくれる人が多いようなので、今回は別の角度から分析してみたいと思う。

「体重が1Kg増えると、展示タイムは0.003遅くなる」というのが前回の解析結果だった。

体重が重ければ、不利なのは間違いない。

では、実際のレース結果には、どれくらい影響を及ぼしているのだろうか?

統計的に検証してみよう。

体重別全国勝率

 

体重別に選手の全国勝率を計算してみた。

3年間の出走回数が300走以上の全選手の3年間の体重、全国勝率を平均。体重の小数点は四捨五入で集計した。

体重別全国勝率

※50Kg未満は体重調整があったりなかったりするので省略

60Kg以上はサンプル数が少ないので省略

体重全国勝率平均 体重全国勝率平均
505.455564.820
515.357574.639
525.240584.534
535.307594.748
544.981604.517
554.903

 

はっきりと体重による影響が見て取れる。

50Kgジャストの選手の平均勝率が5.4付近であるのに対し、60Kgの選手の平均勝率は4.5付近。

大雑把に言うと、1Kgで勝率が0.1点落ちる計算になる。

 

体重別平均スタートタイミング

それでは、体重はSTにも影響を及ぼすのだろうか?

全国勝率と同様に、STも分析してみた。

 

体重別平均ST

※50Kg未満は体重調整があったりなかったりするので省略

60Kg以上はサンプル数が少ないので省略

体重平均ST 体重平均ST
500.172560.180
510.177570.179
520.173580.190
530.174590.177
540.175600.180
550.180

 

こちらもやはり、影響がありそうだ。

50Kgでは0.17付近であるのが、60Kgでは0.18付近。

0.01の差が出ている。

 

考察

体重が重いため、機力的な不利が出る。機力の不利が成績に現れる。

これは納得できる結論だ。

しかし、平均STに関してはどうなんだろう?

機力がそんなに関係あるのだろうか。

 

機力だけではなく、選手のレースに対する意識みたいなものも関係しているのかも知れない。

50Kgギリギリまで体重を絞っている選手の方が、勝ちにかける意気込みが強そうだ。

努力の差である可能性もある、とお伝えしておきます。

 

 

集計期間:2012年10月1日〜2015年10月30日

レース件数:161695レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。