追い風はイン有利ではない、問題は風の強さだけ


風が吹けばインが逃げるか?

競艇において、追い風が吹けばイン有利、向かい風ならアウト有利であるというのが通説だ。

アウト勢が1マークでふくらみやすくなる、インが加速しやすいなどなど、様々な根拠がまことしやかに語られている。

今回はこの通説が本当かどうかを分析、検証してみたい。

 

 

集計方法

ボートレースオフィシャルサイトで公開されているデータでは、風向きは8方向に分類されている。(北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の8方向)

それと、無風の合わせて9種類の状態が考えられる。

今回の分析では、分析対象のレース場が北向きの場合、北西、北、北東の3種類を追い風、東を右横風、南東、南、南西の風を向かい風、西を左横風として、イン逃げ率を計算した。

 

風向き別イン逃げ率

風向きイン逃げ率
右横風44.861
向い風43.883
左横風43.280
無風44.030
追い風43.123

 

最大でも1%程度の差しかない。これは誤差の範囲内と言っていいだろう。

この集計結果を見る限り、風向きによってインに有利不利が発生しているとは言えない。

 

風向き別枠番1着率

念のため、風向き別に各枠番の1着率を集計してみた。

風向き枠番1着率 風向き枠番1着率
右横風147.399無風145.83
216.089215.947
313.918313.635
411.889412.647
56.34557.21
64.35864.73
風向き枠番1着率風向き枠番1着率
向い風146.735追い風145.231
217.648215.805
313.617314.045
411.732412.806
56.20457.163
64.06464.95
風向き枠番1着率
左横風145.781
216.052
314.157
412.742
57.075
64.192

こちらも同じく、大きな差は見られない。

別に差しが決まりやすいということも、まくりが決まりやすいということも無い。

 

風の強さとイン逃げ率

それでは、風速別にイン逃げ率を計算したらどうなるだろうか?

風速別イン逃げ率

風速イン逃げ率
043.569
148.190
245.498
343.561
441.624
540.347
636.536

※風速6m以上はサンプル数が少ないため、6mとして集計

 

こちらははっきりとした傾向が現れた。

風が強いほど、インに不利となっている。

最大で10%の差が見られた。

無風よりも1m程度の風が吹いていた方がイン有利のようだ。

・・・なんでだろう?

 

考察

今回の分析の結論としては、

・風向きはレース結果に影響を及ぼさない

・風が強いほどインに不利、1m程度の弱風がインにとってベスト

となった。

 

風向きに関しては通説に反する結果になった。

風向きの影響が全く無いというのは考えにくい。

仮説として思い浮かぶのは2つ。

・モーターの性能が上がって風の影響を受けにくくなった

・有利不利は存在するが、選手の技量でカバーできる範囲である

 

あるいは、もっと限定的なところのみで影響するのかも知れない。

 

※2016年2月14日追記

風の影響によるスタートタイミングを分析したので、こちらも合わせてお読み下さい

 

集計期間:2012年10月1日〜2015年10月30日

レース件数:161695レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。