前付けがあると荒れるのか?


ここ3年間に行われた全レースで、1号艇がインコースに入った割合を計算してみた。

結果は96.43%だった。

枠なり進入が定着して久しいが、インコースに対する前付けは本当にレアケースとなったものだ。

前付けがあればインが深くなる → アウトに有利 → 高配当で決着

という図式は成り立っているのだろうか?

今回は前付けと配当金額について分析してみた。

 

 

前付け回数トップ3

配当金を算出する前に、ちょっと脱線して、最も多く前付けしている選手は誰かを調べてみた。

前付け回数トップ3は、

1位 西田靖選手 257回

2位 関忠志選手 145回

3位 鈴木幸夫選手 128回

だった。

※1枠以外の時、インコースに進入した回数を算出

西田選手のダントツ1位だ。

しかし、西田選手の出走回数は764回なので、1コースへ進入した割合は33.63%だった。

43.84%は4〜6コースに入っている。

さすがに今の時代、毎回毎回、インを奪取できる選手はいないようだ。

 

配当金比較

さて、本題。

インに1号艇が入ったレースと、インに1号艇以外が入ったレースで配当金額平均を計算した。

結果は下表の通りになった。

 前付けあり前付けなし差分
三連単配当金額平均8005.357588.22+5.4%
二連単配当金額平均2026.451910.32+6.0%
三連複配当金額平均1347.291277.15+5.4%
二連複配当金額平均1029.79961.28+7.1%

確かに荒れている。

どの賭け式でも、+5%〜7%くらいは配当金額平均が高くなっている。

やはり、冒頭の図式は成り立つケースが多いようだ。

それに、有利なインコースを奪われるとイラっときて、思わず・・というのも、若干ありそう。と、個人的な予想。

 

 

集計期間:2012年8月1日〜2015年8月30日

レース件数:162505レース ※不成立含む


前付けがあると荒れるのか?” への2件のコメント

  1. こんにちは。
    大変興味深い記事を読ませていただきました。

    質問なんですが、前付け回数はどこから調べたんですか?

    • コメントありがとうございます!

      前付け回数ですが、公式のデータでは枠番と進入コースが公開されています。
      なので、枠番よりも進入コースが内側になっているものを前付けとして計算しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。