競艇のモーター、夏と冬でどれくらい出力に差があるの?


一般的に言って、寒い方がエンジンのパワーが上だと聞く。

競艇に限った話ではなく、モータースポーツ全般に言える話だ。寒いと空気の密度が高くなって、吸気の効率が上がるというのが理由のようだ。

それでは、具体的にどれくらい上がったり下がったりするのだろうか?

今回は季節の変動による機力の違いに関して検討してみたい。

月別に展示タイム平均

まずは、月別に展示タイムの平均を計算した。

月別展示タイム平均

展示タイム平均
16.700
26.707
36.723
46.747
56.745
66.750
76.768
86.776
96.730
106.719
116.709
126.706

 

はっきりと季節による影響が見て取れる結果となった。

暑い時期は展示タイムが遅く、寒い時期になると展示タイムが速くなっている。

最も展示タイム平均が低くなっているのは1月で、6.70秒、最も遅いのが8月で、6.77だった。

その差は0.07秒。

およそ1.2%の差となっている。

 

1着艇の平均レースタイム平均

次に、1着艇の平均レースタイム平均を計算した。

月別レースタイム平均

平均レースタイム
1107.98
2108.02
3108.42
4108.68
5109.26
6109.71
7110.10
8110.04
9109.19
10108.77
11108.52
12107.99

こちらのデータもやはり、暑い時期は高く、寒い時期は低くなっている。

最もタイムが低いのは1月で、最も高くなっているのは7月。

その差はおよそ2%だ。

 

考察

若干、グラフの形は変わるが、やはり、寒いほどモーターは機力が上がる傾向がはっきり見て取れた。

気温差による影響は、およそ1〜2%程度と言えそうだ。

 

使用データ

集計期間:2012年8月1日〜2015年8月30日

レース件数:162505レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。