競艇の万舟決着は18.73%


本日は競艇の配当金について分析してみる。

ここ3年間、三連単の平均払戻額は、7607円だ。

最高払戻額は514810円。これは、蒲郡2013年10月5日の7レースでのこと。歴代3位の記録だ。ちなみに、2015年9月現在、歴代1位は682760円となっている。(リアルタイムのデータはココ

最低払戻額は110円。もはや、拡連複や単勝並みの金額である。もちろん、シード番組でのこと。3年間で2件あった。

中央値は3000円だった。

 

払い戻し金額

ヒストグラムにすると、こんな感じになった。

三連単払戻額ヒストグラム

払戻額パーセンテージ 払戻額パーセンテージ
1000円未満13.7311000円台1.45
1000円台22.4912000円台1.29
2000円台13.7313000円台1.11
3000円台9.0314000円台1.01
4000円台6.4815000円台0.85
5000円台4.7116000円台0.82
6000円台3.7017000円台0.72
7000円台2.9718000円台0.65
8000円台2.3919000円台0.63
9000円台2.0320000円以上8.56
10000円台1.65

 

最も割合が多いのは、1000円台となった。

 

考察

中央値が3000円なので、2回に1回は3000円以下の払戻額になる計算だ。

改めて思うが、よっぽど点数を絞り込まなければ勝てない。

120分の1とは何だったのか・・

まあ、各出目の頻度は明らかに異なるから、単に120通りの結果があるだけで、当たる確率が120分の1ではないけど。

なお、万舟券の出る割合は18.73%だった。1000円未満が出る確率よりも大きいのが救いではある。かな?

 

使用データ

集計期間:2012年8月1日〜2015年8月30日

レース件数:162505レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。