競艇で過去3年間に発生したタッチスタートは652回


ここ3年間、全レース・全選手のスタートタイミング(ST)の平均は、0.180である。しかし、平均値だけでは、分からないこともたくさんある。もっと詳しく検討してみよう。

具体的には、どのような形でバラついているのだろうか?

バラつきを検討するのに役立つのがヒストグラムだ。

スタートタイミング分布

スタートタイミング分布(ALL)

横軸がSTで、縦軸が件数。

大部分が0.1〜0.3くらいの間に収まっている。0.4オーバーはレアケースと言っていいだろう。

0.05を切る踏み込んだスタートはやはり、かなり少ない。

ちなみに、過去3年間で0.00タッチスタートが発生した回数は652回だった。(郷原章平選手はタッチスタートをなんと、6回も決めている!)

次に、スタートタイミングの累積パーセンテージを求めてみた。

 

累積パーセンテージ

ST累積パーセンテージ

ST累積パーセンテージST累積パーセンテージ
00.0680.115.613
0.010.3930.1120.189
0.020.790.1224.693
0.031.3550.1329.572
0.042.1590.1434.723
0.053.2410.1540.172
0.064.7550.1645.824
0.076.770.1751.583
0.089.3240.1857.163
0.0912.8670.1963.017
------------------------
0.266.7240.394.167
0.2171.6470.3195.382
0.2275.5320.3296.269
0.2378.9970.3397.013
0.2482.0590.3497.634
0.2584.90.3597.861
0.2687.3840.3698.089
0.2789.5720.3798.467
0.2891.4240.3898.765
0.2993.1680.3999.045

0.05を切るスタートを決めた割合は、約3%、0.1を切るスタートを決めた割合は約13%となった。

0.17が大体50%の中央値となる。

つまり、0.17以上か以下かの確率は半々ということだ。

 

考察

このデータは記念クラスの選手からデビューしたての新人まで含んだデータだ。当然のことながら、スタートのうまい選手も下手な選手もいる。また、風や波によっても影響を受けるだろう。

競艇において、スタートは非常に重要なファクターとなる。

今後、様々な条件でスタートのデータを解析してみたいと思う。

 

使用データ

集計期間:2012年8月1日〜2015年8月30日

レース件数:162505レース ※不成立含む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。